• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • ブログBlog
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは「家賃滞納による明け渡しは「不当」という最高裁の初判断を知っていますか?

    2022年12月16日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

    『あなたは「家賃滞納による明け渡しは「不当」
    という最高裁の初判断を知っていますか?』

    【「家賃滞納による明け渡しは「不当」
    …最高裁、保証会社の「追い出し条項」で初判断】

    という記事を読みました。

    「賃貸住宅の借り主が家賃を2か月以上滞納するなどした場合に、
    部屋を明け渡したとみなす家賃保証会社の「追い出し条項」の
    是非が争われた訴訟の上告審判決があった。

    堺徹裁判長は「消費者の利益を一方的に害する」と述べ、
    消費者契約法に基づき条項の使用差し止めを命じる
    初判断を示した。

    借り主の保護を重視した判決で、不当契約の抑止につ
    ながるとみられる。」

    ■雑感

    問題となったのは、家賃保証会社「フォーシーズ」(東京)が
    借り主との間で結んだ保証契約の条項。

    ▽家賃を2か月以上滞納した
    ▽連絡が取れない

    といった場合に部屋を明け渡したとみなす内容で、
    保証会社などは家財道具を運び出すことができた。

    —というものでした。

    日本は借主が強く、ある意味「かわいそうな人」
    とみなされるので、その流れから行くと、
    このような判断になるのだとは思います。

    でも、私が賃貸の営業をしていたころは、
    2ヶ月家賃を滞納すると、大家さんや管理会社が
    勝手に鍵を変えてました(笑)
    ある意味、昔の方が大家さんの立場は強かった
    ように感じます。

    夜逃げや滞納しそうにない入居者さんを選ぶのが
    大家さんにとっては一番の対策に思います。

    審査の厳しい保証会社を選ぶのもいいと思います。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    昨日はヒノキヤレスコさんの賃貸戸建の
    モデルハウス見学会に行きました。

    新築物件は綺麗ですし、特に良い入居者さんに
    入居してもらいたいものです。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

    ■1DAYセミナー開催

    浅井佐知子の
    最新2022年(基礎から学べる)
    セミナーです

    ↓ ↓ ↓

    申込ページ

    ■新刊、発売になりました!!

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

    この記事をシェアする