• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • ブログBlog
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは不動産の共有持分の売却は 可能だと思いますか?

    2022年10月3日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは不動産の共有持分の売却は可能だと思いますか?』

     

    質問を頂きました。

     

    「建物は父親が所有し、
    土地は3分の1ずつを父・私・妹で所有しています。
    この私の所有している土地3分の1だけを
    売却することは可能でしょうか?」

     

    ■回答

     

    土地の共有持分の3分の1だけを売却するのは、
    不可能ではないですが、購入する相手は、
    不動産業者などに限られます。

     

    また、買い取り金額も限りなく低い金額になってしまいます。
    したがって、他の親族、この場合だと
    父親か妹に買い取ってもらうのが一番いいと思います。

     

    共有持分の不動産は、トラブルの元なので、

     

    ・共有持ち分にしない
    ・共有持ち分を解消する

     

    などの施策を考えるのがいいと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    10月になり、とても良い気候が続いていますね。
    昨年の今頃は、川口湖方面に旅行に行きました。

     

    今年も行きたいです。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

     

    この記事をシェアする