• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは不動産投資で節税効果があるのはどういうケースだと思いますか?

    2022年1月6日 

     

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは不動産投資で節税効果があるのはどういうケースだと思いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「税金対策で不動産投資物件を買う場合、
    どのような理屈で節税効果があるのでしょうか?」

     

    ■回答

     

    節税効果が得られるケースとしては、

     

    ①賃料収入よりも経費が多くなる時
    ②経費として計上できる減価償却費が多大である時

     

    が考えられます。
    でも実際は、こういう物件は少ないです。

     

    なぜなら、返済額のうち元本は経費に
    ならず、経費が賃料収入よりも
    大きくなるケースは少ないからです。

     

    キャッシュフローがマイナスでも、
    税金がかかることもあります。

     

    税金対策のために不動産投資を始めると、
    ほとんどは失敗するのでお気を付けくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    築古戸建や築古アパートは、減価償却費が大きくなりやすいので、
    4年間は節税効果もあるかもしれません。
    でも、期間限定です(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!
    3年かかって書き上げました。
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする