• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは賃借人が夜逃げをしたらどうしますか?

    2022年6月27日 

     

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは賃借人が夜逃げをしたらどうしますか?』

     

    質問を頂きました。

     

    「アパートの借主が夜逃げをしてしまいました。
    契約を解除することは可能でしょうか?

     

    また荷物が残っているのですが、
    処分してもいいですか?」

     

    ■回答

     

    契約の解除については、借主が行方不明なので、
    その通知は公示手続(民法第98条)で行うことに
    なるようです。

     

    残っている荷物に関しては、例え契約書に
    勝手に処分すると、不法行為に基づく
    損害賠償責任の問題になってしまいます。

     

    なので、まずは裁判所に対して借主に、
    滞納賃料の支払と物件の明渡しを命ずる判決を求め、
    そのあとで残置物の差押えと競売という手続を
    踏むことになります。

     

    夜逃げをしそうにない賃借人を選びたいものですが、
    こればかりは分からないので、
    保証会社を付けることで、リスクを
    回避するしかないように思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    まるで梅雨が明けたように暑いですね。
    今日は、栃木方面に物件調査に行ってきます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

     

    ↓ ↓ ↓

     

    この記事をシェアする